Now Loading...

お知らせ

令和4年照國神社六月燈の実施について

2022/07/01

新型コロナウイルス感染症の影響で、『照國神社六月燈』は2年連続規模を縮小して実施致しましたが、今年の六月燈は感染対策を徹底したうえで、下記の通り、なるべくコロナ禍前に戻す形で実施することと致します。

 

              記

1、祭 典

 神職と代表参列者(役員・総代・敬神婦人会・ボーイスカウト)のもと斎行致します。

    7月15日(金)午後5時 六月燈「宵宮祭」

    7月16日(土)午前10時 六月燈「頌徳祭」

 尚、頌徳祭では、併せて新型コロナウイルス感染症早期終息(疫病退散)を祈願します。

2、境内に掲げる灯籠について

 今年は例年に戻し、境内全域に灯籠を掲げます。灯籠を掲げる期間は2日間延長し、7月15日(金)~18日(月・祝)まで4日間灯りを点します。

3、神賑行事について

 生け花展、添え釜拝服席、花火の打ち上げは行います。但し、奉納演芸は感染拡大防止の観点から中止とさせて頂きます。(花火の打ち上げは両日20:30頃予定)

4、露天の出店について

 露天出店については感染対策を徹底し出店致します。但し境内での飲食は禁止と致します。また、露店出店に伴い17:00より照國神社前交差点付近の交通規制を行います。ご迷惑をお掛け致しますがどうぞご協力ください。

5、授与所等の開設について

 授与所でのお神札・お守り・「飾り灯籠」「茅の輪守り」等の授与は、15日・16日は午後9時半まで(10時消灯)、17日・18日は午後9時までとさせて頂きます。

お神酒所は設置致しません。

6、茅の輪の設置について

 六月燈では「茅の輪」を14日~18日まで設置致します。邪気を祓い、疫病退散・除災招福の願いを込めて「茅の輪」を潜ってお参り下さい。

 

 尚、今後のコロナ感染状況により、実施について変更が生じた場合は、その都度お知らせ致します。

                          以  上

 

 

 

一覧に戻る
symbol2